演題募集

演題登録期間

2018年1月15日(月)〜2018年3月2日(金)24:00

募集カテゴリー

以下より選択してください。

シンポジウム(一部公募 但し一部演者指定有り)

テーマ

1. 生体侵襲とショックの基礎病態学、今(仮)

生体侵襲やショックの病態学に関する基礎研究について幅広く募集いたします。

2. 生体侵襲とショックの臨床研究、今(仮)

臓器障害(肝、腎、心、脳神経、凝固、肺など)、ショックなどの重症症例に関する臨床研究について幅広く募集いたします。

一般演題

ショック、生体侵襲学、生体防御機構、重症病態に関する演題を、基礎研究、臨床研究を問わず広く募集いたします。

 一般演題より「会長賞」を選考いたします。受賞者には2019年の米国SHOCK学会で演題発表(口演)をしていただきます。米国SHOCK学会の参加費免除の特典がございますが、ご発表いただくことを確約の上での受賞となります。

 一般演題に応募の方は会長賞の応募希望(有・無)を必ず選択してください。(基礎、臨床各5題程度の会長賞応募演題採用とさせていただきます)

 今回は、口演、ポスターの選択については当会長へご一任いただきますのでご了承ください。応募後、当事務局よりご連絡いたします。

演題登録要領

演題申込方法

1. 電子メールのみの受付となります。

2. 下記の演題フォーマット(MS-Word)をダウンロードしていただき、抄録をWordで作成の上、
  第33回日本Shock学会総会運営事務局(jss33@assiste-j.com)までメール添付でご送付
  ください。
  ※ 保存の際のファイル名は、筆頭演者の名前にしていただきますようお願いいたします。

3. 演題名、所属、氏名と要旨を638字以内(MS明朝体・12ポイント)で入力ください。

4. 図や表を使用する場合も枠内に収まる大きさでJPEG形式で別に添付してください。

5. 抄録用紙下段の枠外の「会長賞応募希望(有・無)」の一方に必ず○印を記入ください。

6. 受領メールが申込終了後1週間を経過してもない場合は、ご連絡をください。

7. 投稿された著作物の著作権は、日本Shock学会に帰属するものとします。


演題登録に関するお問い合わせ

第33回日本Shock学会総会運営事務局

株式会社 アシステ・ジャパン 担当:江川正幸
〒162-0065  東京都新宿区住吉町11-20 マノア大栄1F
E-mail:jss33@assiste-j.com
TEL:03-3355-7301 FAX:03-3355-1732










Copyright (C) 2017 33rd Japan Shock Society General Meeting. All Rights Reserved.